FC2ブログ

アピタが8月で閉店!がーん!

もうだいぶ前に知っていたのですが、とても残念でなりません。

近所のアピタが閉店するなんて。

日本製の商品ラインナップが充実しててよかったのに。

次は何になるんだろう。

イオンはどこでも一緒だからやだなぁ。

スポンサーサイト



UNITED ARROWSのお気に入りのアイテムがお得にネットで買える!公式通販で安心!UNITED ARROWS green lavel relaxing<

UNITED ARROWSのお気に入りのアイテムがお得にネットで買える!公式通販で安心!UNITED ARROWS green lavel relaxing



おはようございます。旦那です。

インターネットの世界もだいぶ身近になって来ました。ほとんどの商品がネットで買えるようになりましたね。

特に育児中は、子どもの手が離せないということもあり、外出できない時期に、家まで届けてくれるインターネットはとても便利で、なくてはならない存在になりました。

便利になるにつれて、今までネットに慣れていなかった人や、慣れすぎて警戒心が薄れた人をターゲットに、悪いことをしようとする人が出て来ます。

また、ネットで不用品を売る個人オークションも盛んになり、個人取引でお得にいいものをゲットするのもいいですが、商品が壊れていたり、約束のものと違ったり、送られてこなかったりといったトラブルも多発しています。

そういったトラブルは運営サイト側で保護してくれる様ですが、中には泣き寝入りのケースもある様です。基本的には自己責任になりますね。

育児中はそれでなくてもクタクタなので、余計なトラブルに巻き込まれない様に気をつけたいところです。

それでは、ネットで安心して商品を買うために、そういったトラブルを回避するにはどうしたら良いのでしょうか。

ブランドがあるならちゃんとしたブランドの公式サイトで購入するといったところです。
実際に店舗があるお店の方が安心できますね。

例えば、
ユナイテッドアローズ公式通販【グリ─ンレーベル リラクシング】




ブランドの公式通販なら安心ですね。相手が企業であれば、対応もしっかりしていますし、何かあった時でも安心です。また、ブランドの公式通販なら、セールなども行っていますので、場合によっては他で買うよりも安く買えたりすることもあります。





目玉商品は、普通に安かったりしますね…。
UNITED ARROWSなら、安心できるという感じですね。

安心できるサイトで、少しでもお得にお買い物できればいいですね!



キャストネットキッズに登録することのメリットを調べてみた

キャストネットキッズという芸能プロダクションがある。

ここ。
キャストネット・キッズ




◆メリット
・一般的な芸能プロダクションに比べて、登録料が安価。
→敷居が低いのは良いことだと思います。
・強制的なレッスンがない。
→親の負担が少ないので、続けやすい。
・人気の番組に出演できる。
→芸能プロダクションに所属する事で、あの番組に出演するチャンスがゲットできます。
・宣材写真をプロに撮影してもらえる。
→別途撮影費用がかかる場合もありますが、子供の可愛い姿を引き出した一生ものの写真を撮っでらえます。これが一番良かったかも。

◆デメリット
・登録人数が多いため、仕事が回ってきにくい。
→これは仕方ないですね。
・出演が決まった場合も利益が出るとは限らない。
→これはどこの芸能プロダクションでも一緒ですね。記念にテレビ出演できるというレベルで、交通費、宿泊費を考えたら、赤字になることが多いので、はじめから稼げると期待しない方が良いです。
運良くお仕事出来たらラッキーという感じです。

まとめ

この金額であれば、妥当かなというところです。
無理なくできるということが一番大事なので。



救急車を呼ばなきゃダメな時、呼ばなくても良い時の判断がアプリでできるQ助って何?

子供の突然の怪我や発熱、病気の時にどうしたら良いの?救急車を呼ばなきゃダメな時、呼ばなくても良い時の判断がアプリでできるQ助って何?




救急車を呼ぶべき?困るまえにQ助アプリをインストールしておこう!






皆さんは救急車に乗ったことありますか?
私は自身は救急車に乗ったことはないのですが、救急車はいざという時にとても頼りになる存在です。

一方で、救急車を呼ばなくても良い場合も出動要請されているケースがあり、本来、緊急を要する病人の救護に影響が出たり、救急隊員が慢性的な過重労働を強いられたりと、かなり問題となっています。

そこで、救急車を呼ぶ前にトリアージ。
Q助アプリが質問する内容に答えていくと、4段階で判定をしてくれます。

Q助とは?

大人も子供も診断できるので、とりあえず入れておけば安心ですね。

Category: 母子の健康