FC2ブログ

食パンの安全性について

食パンの安全性について



朝ごはんの定番、食パンって意外に添加物が多いのって知ってますか?
危険な添加物について、「避けたい危険な食品(http://tenkabutsu.com/)」に詳しい解説がありました。普段から健康に気を付けている方なら、なおのこと、知っておいた方がいいです。



◆乳化剤
乳化剤は、本来混ざることのない水と油を混ぜる界面活性剤のような薬剤です。
単一の薬剤ではなく、乳化剤は、個別の成分名が記載されません。
ショ糖脂肪酸エステルという薬剤が乳化剤として使われています。

ショ糖脂肪酸エステルとは★安全性は?妊娠中は危険か?

乳化剤とは?アレルギーやその他の危険性








◆イーストフード
ふっくらとしたパンを大量生産するための添加物。イーストフードの成分は、16種類の以下の薬品を混ぜたものとのことです。 加えて発ガン性が指摘されている 臭素酸カリウムという成分が加工補助材として国から許可されているとのこと。

塩化アンモニウム
塩化マグネシウム
炭酸アンモニウム
炭酸カリウム
炭酸カルシウム
硫酸アンモニウム
硫酸カルシウム
硫酸マグネシウム
リン酸三カルシウム
リン酸水素二アンモニウム
リン酸二水素アンモニウム
リン酸一水素カルシウム
リン酸二水素カルシウム
グルコン酸カリウム
グルコン酸ナトリウム
焼成カルシウム

臭素酸カリウムは、ヨーロッパ(EU)を始め中国でも使用禁止。日本ではパンの製造のみ認められているとのこと。

大手パンメーカーのパンがいつまでたってもカビないと報道された件、それだけ添加物、保存料が使われているということのようです。

イーストフードの害とは。臭素酸カリウムや塩化アンモニウム等






◆マーガリン
マーガリンはトランス脂肪酸と呼ばれる成分が含まれています。アメリカでは販売が禁止されているのご存知ですか?プラスチックと同じ元素配列なんだとか。ショートニングはマーガリンを濃くしたもの。
発ガン性をはじめ、あらゆる病気の原因と指摘されています。

トランス脂肪酸とは?マーガリンとショートニング避けたい食品




子供に食べさせてもいい食パンは?



某大手パンメーカーは、高級なプレミアム食パンでも、乳化剤、イーストフードは普通に使用されているので、子供に食べさせるのは避けた方が良いです。

食パンは乳化剤、イーストフード不使用のパスコの超熟シリーズがおすすめ。中でもこちら「超熟 国産小麦」がオススメ!
大手メーカーで製造されているパンで、上記条件をクリアしているのはこれのみ。


成分表はこちら

普通の超熟もマーガリンは使われていますが、他社に比べたら断然安心というところです。

ちゃんとしたものを食べさせるためには、天然酵母のパン屋を探すか、自分でこだわって作るしかないかも知れませんね。

食の安全は、調べてみないとわからないものですね。





スポンサーサイト
Category: 食の安全

マイメロディカード可愛い!

こんにちは。

台風一過で空は雲一つない天気。清々しいですね。

今日は、子供にも大人にも大人気のオススメカードを持ってきました。

その名も…UCSカード(マイメロディカード)です。

マイメロカードは、ユニー、アピタ等を展開しているユニーグループホールディングスのUCSカードが発行しているクレジットカードです。




めっちゃ可愛い。
我が子も気に入ってるので、ユニーでのお買い物に使ってみようと思います。


育児にまつわる疑問を解決!子育てに車は必要?

-------------------------------------
いつもブログにご来訪いただきありがとうございます。
今日のテーマは「 子育てに車は必要?」です!!
-------------------------------------
こんにちは。

はじめに



子育てをしていると、色々な場面で車が必要だなー、と感じることが多くなります。
家族みんなで旅行にいったり、お買い物に出掛けたり…。一番必要なのはもしもの時。子供が夜に熱を出したり、嘔吐したりしたときに病院にいつでも連れていける安心感は何よりも大事だと思います。
でも、車(車両本体)は高い、維持費も高い。

我が家の例で言うと、
マイカーローン36万円。
自賠責保険1.4万円。(2年に一回2.8万円)
保険料6万円。
車検代5.5万円。(2年に一回11万円)
税金3.5万円
ガソリン代6万円。
その他、タイヤ(スタッドレスなど)や消耗品の交換費用がかかってます。

諸費用の詳細はJAFのホームページに書かれてます。
JAFホームページ

ディーラー車検は高い?


ディーラー車検は高いイメージが有りますよね。ディーラー車検はちゃんとしています。故障が心配な場合は、ディーラー車検を選んでおけば安心です。また、新車から引き続き車検をしていないとディーラーでは扱って貰えないようです。ディーラーの手を離れた車は、保証対象外となってしまい、品質が保証できないから。新車購入した方、ディーラーで中古車を買った方はディーラー車検を続けることをお勧めします。
その他の方法で車を購入した人は、どこの整備工場でも基本的には同じなので、あなたにあった業者を選んでみてください。

中古車はどこで点検してもらったらいいの?


前述しましたが、新車購入した方、ディーラーで中古車を買った方はディーラー車検を続けることをお勧めしますが、その他の方法で車を購入した人は、どこの整備工場でも基本的には同じなので、あなたにあった業者を選んでみてください。
比較的、近くの業者にお願いした方がいいです。車を預けた場合、取りに行ったりすることもあるので。近所の業者は、以下のサイトで探せます。




安過ぎる車検業者はかえって心配…。


あまりに安い車検は心配ですね。交換するべき部品を交換しなかったり、中古の部品を使ったり、点検自体やったのかさえも不安になってしまいますね。
逆に高すぎるときも怪しい。納得できない場合は、いくつかの業者から見積りをとるのもいいですね。
EPARK車検
なら、複数の見積りを取ったり、クーポン券を利用して車検を安く抑えることができます。





ちゃんとした車検業者を選ぶには?


まずは信用できるかどうかですね。点検結果としてこの部品を交換する必要がある、ということを金額も含めて事前に見積りを出してくれる業者がいいですね。金額が変わるところは怪しい。診てみたら壊れていたから交換しちゃいました。みたいなことはよくあります。
あとは、親身になってくれるところが良いです。


こんな裏技も


車をリースする


車をリースするという選択肢もあります。
メリットは諸経費を気にしなくていいということがあります。車検も税金も部品交換も考えなくて良いです。また、新しい車に乗り続けることが出来るというところ。デメリットは月々のリース代が比較的割高なのと、払い続けても自分のものにはならないというところでしょうか。





車を買わない


カーシェアリングやレンタカーを利用するのも手ですね。最近は、都市部ではコインパーキングと提携しているところもあります。近所にレンタカー屋があるならこちらも活用出来ますね。
普段から利用していれば、いざというときにも使えるかもしれませんね。





=====================================
最後までお読みいただきありがとうございました。
=====================================